ネット証券入門白書

ネット証券とは

現代はなんでもインターネットで行える時代です。とくにインターネットによる高速化や簡略化は、スピードが重視される業界では大きな強みとなります。たとえば証券会社はもともと店頭や電話で売買を行っていました。しかし現在はインターネットを利用して携帯電話やパソコンで取引を行う場合が増えています。このようにオンライン上で売買を行う証券会社のことをネット証券といいます。

そもそもインターネットは1990年代後半から一般家庭にも爆発的に普及。さらに1999年には株式売買委託手数料が自由化されるというタイミングも重なり、松井証券という証券会社がインターネットを使った売買を開始しました。これが日本初のネット証券といわれています。

インターネットを使って誰でも簡単に取引が行えるようになったことで、それまでの証券会社の顧客層とは違った層が売買を行うようになりました。学生などの若者や女性です。そのためネット証券の普及と並行してミニ株式やFXなど小規模なトレードが人気を高めていきました。現在では多くの証券会社や銀行がインターネットを使ったトレードに対応しており、幅広い層がお小遣い稼ぎ感覚でトレードをはじめています。

もともとネット証券をやっていたのは、営業にコストがかけられない小さい証券会社や、最初からネット証券として始めた新しい会社が主でした。しかし2000年代半ばになると大手の証券会社もネット証券を取り入れるようになり、業界内の競争もどんどん厳しくなっています。

Copyright © 2015 お金まわりのさまざまなTIPS | Design by 249