ネット証券入門白書

ネット証券の選び方のコツ

ネット証券での売買を始める際、重要なのは証券会社を選ぶことです。従来の証券会社とは違って自由で気軽に選ぶことができるネット証券ですが、どれでも同じというわけではありません。それぞれの会社に特徴があり、自分にあったネット証券を選んだほうがよりうまく売買ができるのです。ネット証券を選ぶには、ネット証券ごとの違いに着目することが大切です。

ネット証券ごとの違いは2つあります。「トレードツール」と「手数料」です。トレードツールというのはトレードを成立させるための便利なツールです。ネット証券ごとに様々な特徴あるトレードツールが用意されており、売買に慣れた人にはかなり重要な違いとなります。

有名なものには松井証券の「ディーリング・ブラウザ」や楽天証券の「マーケットスピード」などがあります。これらは自動で株価が更新され、最新の株式市場やニュースをいつでも見ることができます。分析チャートも数多くあるため、相場を細かくチェックしながら売買することが可能です。このようなトレードツールは売買するときの最も重要なものです。

手数料はネット証券によってかなりの差があります。取引金額が大きくなれば手数料の金額も大きくなり、国内現物株式の手数料などは10万円以下の取引ならば100円前後くらいですが、100万円以下になると500円前後のネット証券から3500円以上するネット証券までいろいろなものがあります。そのためコストを節約するために手数料を安くすることが大切です。

Copyright © 2015 お金まわりのさまざまなTIPS | Design by 249