ネット証券入門白書

今が旬のネット証券

現在国内のネット証券には以下のようなものがあります。マネックス証券、楽天証券、SBI証券、カブドットコム証券、松井証券、むさし証券、GMOクリック証券などです。CMなどで見たことがある人も多いことでしょう。これらのネット証券にはそれぞれ個性があります。

マネックス証券は証券会社の中でも人気の高いネット証券です。パソコンや携帯電話での取引が可能で、取引の手数料も105円という安さから揃えてあります。全体的に手数料の安いマネックス証券ですが、とくに保険料が安いのが特徴です。デイトレードに向いている一日定額手数料を導入しているため、様々なトレードスタイルに合わせることができます。

楽天証券は株式以外にも様々な投資商品があります。そのためFXや投資信託、外国債、外貨など様々なものに投資を行うことができます。手数料も200円未満の安いものが多く、そのため利用口座が多い人気のネット証券です。楽天銀行の口座を持つことでネット全体に利便性を発揮できるというメリットもあります。

日本国内老舗の証券会社である松井証券は、ネット証券におけるサービスの多くをほかの会社に先駆けて開始しています。そのためサポート体制がしっかりしており、問い合わせ窓口格付けで最高評価を受けています。手数料もボックスレートという体系なら無料にすることができます。

GMOクリック証券はネット証券のなかでもスピーディーな取引を可能にしたネット証券です。手数料は業界最安値を争っており、コストを抑えた取引が可能です。初心者から上級者まで多くのトレードスタイルに対応しており、オリコンランキングでも人気上位にきています。

Copyright © 2015 お金まわりのさまざまなTIPS | Design by 249